高齢者サポートのやりがいとは?

おむつ交換や入れ歯洗浄、入浴介助等を仕事内容とする介護職は、体力的にも精神的にもハードというのは多くの人が口にする事です。仕事内容に対して十分とは言えない賃金、不規則な生活等を理由に職を離れる人もいます。

また人間相手という事で自分とは価値観の違う人を相手にする事もあり、ストレスを感じる人は多いとも言われています。しかし一方でやりがいを感じるという人も多く、現場ではやりがいのために一生懸命働いている人がほとんどです。
どんな仕事でも広い目で見れば人の為になり、社会に貢献しています。しかし、介護の仕事はその度合が全然違います。利用者の人になくてはならない大切な役割です。
自分がやった事が直に相手の為になり深々と頭を下げてありがとうと言われる事も多い上に、最初は心をとざしていた利用者が自分がいくと満面の笑みで迎えてくれたり等のドラマもあります。更に年配の方は人生の先輩ともあって自分の知らない世界を教えてくれる事が多々あるので、自分の視野が広がり人間的にも成長できます。

職場においても年齢、前職、性別はバラバラながら同じ思いをもって仕事をしているとあって、お互い励ましあって一丸となれる職場が多いです。そして何より介護の仕事をしていると、別れの場に立ち会う機会があります。最初はショックを受ける人が多いですが、この間まで話していた相手がいなくなるという現実を目のあたりにする事で、改めて今の環境、周りの人、そして今生きている事への感謝に気づく事に繋がるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です